塾の仕事に就く人に知ってもらいたい沢山の知識

自分の能力を存分に活かす時!塾の仕事に欠かせないノウハウ

学歴が全てではない

塾の仕事に就くために必要なのは、学力と言われていますよね。高学歴じゃないために、応募を迷っている方もいるはずです。しかし、必ずしも高学歴でないといけないということはありません。人に教える力があれば、講師になれるでしょう。

塾講師に不可欠な能力

わかりやすく説明する能力

塾講師の努めは、生徒のレベルに合わせて授業を行なうことです。学歴がなくても話をする能力に長けている講師は生徒の実力を引き出すのが大変上手です。

責任感がある

塾に通う目的は成績を上げる、志望校に合格する、授業の遅れを取り戻すなど生徒によって様々です。これらの目的を達成するには、塾講師の力が必要です。そして教える立場としても、責任感を持って挑むことが求められるでしょう。

コミュニケーション能力は必須

塾の仕事は講師だけでなく、一般事務もあります。過去保育の仕事をしていた方、あるいは接客業をしていた方は塾の一般事務に向いているでしょう。また相手の立場になって行動をしたり、気配りが出来たりする人ほど適職です。

塾の仕事に就く人に知ってもらいたい沢山の知識

生徒と先生

応募条件について

塾講師の場合は、四大卒以上が応募条件となることがほとんどです。教師や塾講師の経験があると有利に働くでしょう。未経験者には、指導方法を学べる研修期間が設けられます。一般事務も四大卒が条件で、経理やコンサルティングといった専門的な資格があると尚いいです。こちらも研修があるので未経験者も安心して知識をつけられます。

応募の仕方

生年月日、名前、職歴、学歴などを応募フォームに入力するだけで簡単に応募ができます。もしくは、直接電話で問い合わせることも可能でしょう。詳しくは専門サイトをチェックしてみてくださいね。

塾の仕事でもらえる給与額とは?

正社員の塾講師の場合は、初任給でも高めなので19万円ほどはもらえるでしょう。アルバイトの場合は1コマ計算になるので1000円から2000円が時給となります。実力や経験があるとさらに跳ね上がり3000円になることも。また、塾の一般事務もほとんどが時給になるので、高くても1500円ほどでしょう。正社員なら塾講師と同じくらいもらえるケースもあります。

塾の仕事をしている人の生の声

やりがいがあります

塾の一般事務で働く主婦ですが、とにかく毎日やることが沢山あって忙しい日々を過ごしています。生徒さんやその保護者とも関わりを持つのでイヤでもコミュニケーション能力が身に付きます(笑)週5日で8時間勤務ですが、残業も少なく今のところシフト通りに業務を終えています。

最初は大変

未経験で塾講師をしていますが、最初は手段授業でめっちゃ緊張して大変でした。先輩方から頂いた慣れるまでが勝負との声を頂き、まさにその通りだなと思いました。慣れたころから生徒とのコミュニケーションも自分から図れるようになり、授業もゆとりをもって挑めているなと実感できます。この調子でどんどん這い上がっていきます!